Event is FINISHED

『顧客は守る存在・真のマーケッターマインド(脳)を3時間で獲得する。』トレーニング~商品を購入するお客様ではなく、あなたの庇護の下にあるクライアントとして、ビジネスを完遂する方法を3時間で身につけます。~

Description
ビジネス機能において、大きな誤解をされている
ファンクションがマーケティングです。

フィリップ・コトラーの功罪と言えるかもしれません。
10年以上も前から、コトラーの書籍は古典であることは
分かっているのに、マーケティング=コトラーと
思い込んでいる方が多くいます。

セグメンテーション、ターゲティング、ポジショニング、4P、、
全部が必要ないと言いませんが、全くもって重要ではありません。

現代において、成果が継続しないマーケッターに
欠けているたった一つのコンセプトがあります。

それを、この3時間で掴んで頂きたいと考えています。

本講座は、現役のトップマーケッターであり、
成果が継続できるマーケッターを創出した人物、
李先生と共に強い臨場感を持って、マーケティングで
成果を出すために必要な発想法を学ぶのではなく、
あなたが発想体質に変化する3時間です。

あなたは、「顧客」と「クライアント」の言葉の違いを定義できますか?
あなたは、本当の意味でUSPを使いこなせていますか?

社会の変化が激しい現代でライバル企業との差別化を図り、
集客を成功させるために「USP(Unique selling position)」を
掲げる企業も増えてきました。

しかし、マーケティングに10 年以上長く携わっている方でも、
本講座のレクチャー内容それぞれを理解し、
それぞれの内容が繋がりをもって、頭の中を動かせていません。

■当日のレクチャー内容
・ビジネスの本質とは何であるか
・顧客とクライアントの定義の違い
・人は商品そのものを買っているわけではない
・多くの企業が理解を間違っているUSP の本質
・顧客インサイトを見つけ、USP を見つけ出すための方法を解説
・リスクリバーサルは返金保証をつけることが本質ではない
・ジョイントベンチャーの発想の原点について
・高額商品を販売するためにはカスタマージャーニーが必要
・セールスファネルの目的は「利益商品と集客商品を分ける」だけではない
・利益商品から集客商品の設計事例を徹底解説
・多くの企業が間違いがちな商品設計の順序

それだけではなく、

USPを生み出すプロセス1つとっても、

・ターゲット顧客の痛み・悩み・満たされない欲、解決したいことなどを100個以上書き出す。
・自社商品の特徴を100個以上書き出す。
・その特徴のすべてを、クライアントのベネフィットに転換する。
・すべてのベネフィットをクライアントへの約束に転換する。

こうやって、USP=独実のウリ。ではなく、
顧客への究極の約束(コミットメント)に変換し、
それを言葉でコピーとして市場に届けることが、本当のUSPです。
また、USPは商品そのものですらないのです。

これらが、具体的にわかるだけでも、この講座に参加する価値があります。

そして、さらには、これらのプロセスを仮に行っていたとしても、
重要な観点を見落としている場合があります。

それは「あなたは誰にとってのあなたなのか?」


この質問に答えを出さない限り、いくらUSPを数多く考えたとしても、
クライアントがあなたを選ぶことはほぼありません。

逆に、ここに明確な答えを出しさえすれば、
顧客が自ら手に取りたくなるようなUSPは完成します。

そして

あなたの本来守りたい顧客を見つけた時、あなた自身が
よりビジネスを楽しみ、クライアントをより愛せるようになります。

※本講座の講師 李先生が過去にストアカ内の別講座で
クライアント(受講者)から愛されてクチコミNo.1を獲得した内容はこちら。

https://www.street-academy.com/myclass/6899

上記No.1講師からマーケッターマインド(脳)を獲得し、
事業と会社をより発展させるきっかけにしてください。



■講師紹介
<名前>
李英俊(リ ヨンジュン)氏


<所属>
マインドセット株式会社代表取締役

<経歴>
トップ人材の指導者として、メンタリングセッション、
戦略PR,リーダーシップ開発・組織エンゲージメントに圧倒的な強みを持つ。

経歴は、外資コンサルティングファームで戦略コンサルタントとして、
官公庁・民間企業への事業再生・組織変革に従事。

インキュベーター企業でビジネスプロデューサー
(マーケティング&セールス領域)として活躍し、
担当事業領域は、メディア開発・広告企画事業において、
新しい広告成果をナショナルクライアントに数多くもたらす。

それらの結果によって、組織のIPOに貢献する。
IPO後は、人材開発担当執行役員として人材マネジメント全般の
企画・運営を担当し、プロフェッショナル・マネジメント領域の
教育事業である子会社社長を歴任。

ターンアラウンド、インバウンドのベンチャー企業において、
新規事業開発、組織人材開発、マーケティング、
コンサルティング事業などの責任者を担当。

現在では、超大手企業・メガベンチャー・スタートアップなど
企業規模に関わらず、PR・広報・マーケティングにおける
コミュニケーションデザインやブランディング戦略の
コンサルティングを提供している。

■受講者の声
<1人目>
フロント〜ミドル〜バックエンドと、流れは意識していたものの、
体系化出来ていませんでした。

バックエンドは利益性のある商品やサービスということになりますが、
「ここの顧客を全力で守れるか」という観点には乏しかったです。

商品・サービスありきではなく、「誰を守りたいか」を
鮮明にすることが先決と感じました。

すなわち、どうあるかだということがわかりました。

<2人目>
自社はマーケティングが弱いことも認識していましたが、
生まれつきマーケター!みたいな社員もおらず、
コトラーのマーケティングなど読んでもなんか時代が違う感あり、
マーケティングの本を読むたびうまく実行できずに挫折気味でした。

一人の顧客を想像して、その人のリアルな悩みを...
といった説明を聞いたこともありましたが、
どんな顧客を想像すべきかなどの指針が少なすぎて、
魅力的なUSPを一切作れないで時間を過ごしてきました。

でも、今回の講義でもらった一つの視点だけで、がらっと景色が変わりました。

Event Timeline
Sat Dec 3, 2016
10:00 AM - 1:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
申込者に個別でお伝えします。
Tickets
参加チケット ¥5,000

On sale until Nov 30, 2016, 11:50:00 PM

Venue Address
東京都千代田区丸の内二丁目1番1号 Japan
Directions
千代田線「二重橋前」駅徒歩1分
Organizer
Blossom
105 Followers